氏名  白倉正子(Masako Shirakura)
 経歴 1973年 群馬県生まれ
1992年 多摩大学 経営情報学部 入学
     在学中に卒業論文で「トイレ空間をめぐる企業の経営戦略
     (よーするにトイレベンチャー論)」を書く。
1996年 大学卒業直後に、トイレ専門企画会社「アントイレプランナー」
      (当時は「22」と命名)を創業。
     最初はトイレ掃除の修行(アルバイト)を行う。
1998年 NHK「青春メッセージ98‘」全国大会出場。
     「トイレから地球革命!」を発表。
      同年、宮城大学生活指導員に就任(~2002年)。
    キャンパスレンジャー隊(学生団体)でトイレ掃除を通じた人材指導を。
2002年 結婚、出産。拠点を横浜にする。
2004年 「私の人生は『トイレ』から始まった!」を出版。
2005年 東京タワー内「感どうする経済館」(内閣府主催/現在は閉鎖)で展示される。
     オープニングセレモニーで安倍官房長官(当時)や、竹中平蔵大臣(当時)に長男が
     握手してもらえた事と、小泉内閣メールマガジンにて紹介されたのが、ささやかな自慢…(笑)
2009年 日本トイレ協会 理事(一番若輩者です…)に就任。
     毎年、「全国トイレシンポジウム」実行委員になる(11月開催)

現在に至る。

3児の母。 夫はトイレ診断士1級/(株)アメニティ
 役職  ・アントイレプランナー代表  
 ・日本トイレ協会理事  
 ・日本トイレ協会メンテナンス研究会幹事  
 ・全国トイレシンポジウム実行委員会委員  
 ・多摩大学望月ゼミOB会(HMA)代表  
 ・出身中学の学年同窓会長
 著書  「私の人生は『トイレ』から始まった!」(ポプラ社/2004年)   
 思い トイレから地球革命!

〜トイレは汚くて臭い所かもしれないけど、毎日誰もがいく大切な場所。そこをきれいで快適にしたら、きっと社会が良くなるはず!と信じています〜
■代表者プロフィール