なぜトイレ?

私はなぜトイレに、人生を捧げたのでしょうか?
これを語るのは、とても時間が掛かります。
でも知りたがる方がとても多いので、簡単に書きます。
もっと詳細を知りたい方は、著書「私の人生はトイレから始まった!」を読んでください。
(もう絶版ですが、図書館で探すとか、Amazonなどで中古本を探すと良いでしょう)

《著書の概要》
 「私の人生は『トイレ』から始まった」2014年2月発刊/ポプラ社より
    白倉正子がどうしてトイレ専門の職業「アントイレプランナー」を誕生させたか?の
   経緯や夢を書いています。ただし0~30歳までです。いつかその続きを書きたいな~

私の著書です

白倉正子の「どうしてトイレ??」

これは、以下の3つのカテゴリー/30個のキーワードで説明します。

第1章 きっかけ編

主なきっかけストーリーは、以下の順番です。
 ①1992年(19歳)大学(経営系)の授業で、トイレを取り上げた先生がいた。
 ②その授業で、「トイレをキレイにすれば、売り上げが上がる」と事例紹介が紹介された
 ③1995年(21歳)に阪神淡路大震災でトイレが問題になり、「やっぱり…」と感じた。
 ④生活する上でトイレは大事なのに、タブー視でトイレ情報が整備されてない事に疑問を感じた
 ⑤それを卒論に書いて(経営系のゼミでしたので)トイレビジネスの可能性を探った
 ⑥その頃、海外青年協力隊の人から世界のトイレの惨状を聞いて「変えなきゃ!」と思い始めた。
 ⑦卒論で「トイレの専門家と専門店が必要ではないか?」との結論を導いた
 ⑧「じゃあ、私がトイレの専門家になるか!」と決意した。
 ⑨トイレを知るためには、トイレ掃除を究めようと思った。
 ⑩そこでトイレ掃除の修行から始めて、トイレのビジネスで成功し、世界に価値を広げようと決めた

第2章 目的編

目的は、ざっと書くと、こんな感じです。
 ①トイレ掃除をカッコいい仕事にする!トイレ仕事の地位を上げる。
 ②「トイレの専門家」という新しい職業を生み出す
 ③それを通じて、新しい職業を作る「創職(そうしょく)=起業精神」を社会に示す
   →就職がすべてではない。疑問があるなら、自分で職業を作ればいいじゃん!と…。
 ④トイレの情報を「楽しく・正しく・分かりやすく」伝える人になりたい
 ⑤トイレの新しい仕事(事業・商品・イベントなど)を生み出したい
 ⑥トイレを真剣に考える仲間を増やしたい
 ⑦「トイレ・マーケティング」(=商品作りの基礎情報の分析)という新しい概念を確立したい
 ⑧トイレの専門店を作りたい
 ⑨一人で、いつでも、どこでも行ける自由な立場・経済力・時間・健康な身体を手に入れたい。
 ⑩英語を話せるようになって、世界中のトイレを見に行きたい。

第3章 夢を叶える編

今後の目標は、こんな感じです。50代になったら本格的に始動したいなあ~。
 ①トイレを良くする仲間を増やす
 ②日本の国家的な取り組みに貢献できる実力を身に付ける
 ③世界のトイレ改善活動に参加する
 ④トイレで困っている人に、経済的・文化的に手を差し伸べる(例:トイレ寄付)
 ⑤トイレの仕事をしたい人を増やす。トイレ雇用の環境を改善する
 ⑥世界のトイレ問題を変えるような、プロデュース事業を発展させる
 ⑦トイレから地球環境を改善する
 ⑧世界のトイレ技術を集約する「トイレ研究センター」を創設する
 ⑨トイレ業界のノーベル賞「トイレ平和賞(仮称)」を立ち上げる
 ⑩トイレ型のお墓を作って、骨をジャ~と流し、地球の肥やしになる

トイレがみんなの話題の中心になるように…

今後しばらくの私

今は、コロナで外出が厳しいので、在宅で出来る仕事をメインに、お受けしています。
最近、やっているのは、トイレの記事の監修とか、本を書く話とか、トイレの調査とか。
あと、今まで、本当に忙しかったから、たまにはゆっくりトイレの本を読んだり、いつか話してみたかったトイレの世界の人に、オンライン対談を申し込んだりしたいなあ~と、このコロナの時期を有意義に過ごそうと思っています。



Follow me!

なぜトイレ?” に対して1件のコメントがあります。

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です